社長のための相続対策~除外合意・固定合意とは~ | 相続知恵袋
平日夜間・土日祝日も相談可能!
平日夜間・土日祝日も相談可能!
電話アイコン

お電話

メニュー

社長のための相続対策~除外合意・固定合意とは~

最終更新日:

社長のための相続対策~除外合意・固定合意とは~相続税専門の税理士事務所レクサー、名古屋

【この記事の執筆者】

愛知県名古屋市を拠点に活動する相続専門家集団レクサーの代表税理士。
20歳の頃、実家が相続税で失敗したことをきっかけに相続税専門の税理士を目指し、26歳で開業。

代表税理士 伊東秀明の写真

伊東 秀明

社長の相続については自社株式の株価や持株比率、会社への貸付金、事業に使うための個人保有不動産など通常の相続以上に考慮しなければならないことが多岐にわたります。

 

今回はそんな会社経営者の相続対策の中でも遺留分対策としての

「民法の遺留分に関する特例(除外合意・固定合意)」

について解説します。

 

経営者特有の相続問題

経営者特有の相続問題の代表例に遺留分の問題があります。

 

一般的には、一人の後継者に自社株式を集中させた方がスムーズな意思決定を行うことができ、円滑な会社経営を行うことができるとされています。

 

現役社長の立場から見ても自身の跡を継いでくれる子(後継者)に自社株式を取得して欲しいと思うものでしょう。

 

ところが、自社株式が社長自身の資産の大半を占めるような場合に一人の後継者に自社株式を集中して相続や贈与させると他の相続人から遺留分の減殺を請求される恐れがあります。

 

例えば、妻と子供が2人で財産は2億5千万円(自社株式2億円、その他の財産5千万円)のようなケースを考えてみます。

 

経営者特有の相続問題、遺留分

 

社長の気持ちとしては後継者に自社株式すべてを取得してもらいたいが、遺留分のことを考えると難しそうです。

 

このように、自社株式が財産の大半を占めるような場合には遺留分の問題が生じてしまいます。

 

もちろん、後継者ではない相続人から遺留分の侵害を主張されないケースもありますが、問題が内包されていることに違いはありませんので対策を行うにこしたことはないのです。

 

 

遺留分とは

では、そもそも遺留分とはどのようなものでしょう?

 

遺留分とは民法に規定された権利で、相続人に与えられた最低限度の取り分のことです。

 

財産を持っている人は自分の財産について自由に贈与したり、遺言書を使って好きな人に財産を相続させることができます。しかしながら、財産をもらえる金額に偏りが出てしまうと不公平感があり相続争いになってしまうため、亡くなった方と関係性の近い一定の相続人について最低限度の財産を相続する権利を定めているのです。

 

 

中小企業経営承継円滑化法の「民法の遺留分に関する特例」

中小企業経営承継円滑化法では、民法に規定する遺留分によって円滑な事業承継が妨げられないように「民法の遺留分に関する特例」を規定しています。

 

この法律では、一定の要件を満たす場合に自社株式を遺留分の算定から除外する「除外合意」、自社株式の価額を相続時ではなく贈与時時点のものに固定する「固定合意」、除外合意や固定合意だけでは均衡が整わない場合に追加で利用する「付随合意」という特例措置を認めています。

 

 

除外合意とは

除外合意とは自社株式を遺留分の算定計算から除外することを推定相続人全員が合意することです。

 

除外合意が中小企業の事業承継対策として有効な理由は、自社株式を遺留分の算定計算から除外することで将来相続が発生した後に行われた遺留分減殺請求による自社株式の分散を防ぐことができるためです。

 

除外合意を行っていない相続で遺留分減殺請求があった場合には、後継者が取得した自社株式を遺留分権利者に分散したり、分散を防ぐため遺留分に相当する金銭を支払うことで解決を図る必要がありました。

 

除外合意していない場合の遺留分問題

 

当然、自社株式の分散は会社経営に影響を与えます。

金銭による対応の場合でも後継者には多額の相続税納税が予想されますので簡単に行うことは事実上困難となってしまいます。

 

除外合意はこのような問題を解決させる事業承継のツールのひとつということができます。

 

 

固定合意とは

社長の相続対策では自社株式を後継者に生前贈与することがあります。

 

その後、後継者の努力によって自社株式の評価額が上昇した場合であっても遺留分の算定上は先代社長の相続開始時点の評価額で計算することとなっているため後継者にとっては経営意欲を低下させる要因となってしまうことがあります。

 

固定合意していない場合の遺留分問題

 

そこで、固定合意という方法が活用されます。

 

固定合意とは、遺留分算定に用いる自社株式の評価額を合意時点の評価額に固定させるものです。

 

固定合意をすることで後継者にとっては贈与後に自信の経営努力によって自社株式の評価額が上昇した場合であっても他の推定相続人の遺留分が上昇することがないため安心して会社経営に取り組むことができます。

 

 

付随合意とは

民法の遺留分に関する特例を活用する場合には除外合意と固定合意が基本形になります。

 

除外合意や固定合意だけでは均衡が整わない場合に付随合意としてそれ以外の要望を補填することになります。

 

 

まとめ

会社の円滑な事業承継には相続税節税のための株価対策だけではなく、他の相続人との均衡を図る対策も必要となります。

 

その方法の一つとして選択肢に挙げられるものが除外合意と固定合意です。

 

相続をきっかけに会社経営が傾いてしまうといった最悪の事態を避けるために会社経営者だからこそ事業承継の準備を早めに進めていく必要があると言えます。

 

 

自社株式の贈与や事業承継対策をご検討の方はお気軽にお問い合わせください。

名古屋の相続税専門税理士事務所レクサーが円滑な事業承継をサポートさせて頂きます。

【この記事の執筆者】

愛知県名古屋市を拠点に活動する相続専門家集団レクサーの代表税理士。
20歳の頃、実家が相続税で失敗したことをきっかけに相続税専門の税理士を目指し、26歳で開業。

代表税理士 伊東秀明の写真

伊東 秀明

デデ税理士の相続大学校>>

相続の解説動画をYouTubeで配信中!!チャンネル登録も宜しくお願い致します!

相続税申告や節税対策・遺言書のことなどお気軽にご相談ください!

相続税申告について見る>>

税理士からの外注も募集中>>

レクサーの企業概要>>

税理士事務所レクサー
7つのお約束事

税理士や弁護士、司法書士は「敷居が高い」「怖そう」「上から目線」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、税理士事務所レクサーは『お客様が気軽に相談できる相続の専門家』として、顧客目線を第一に考えております。
わかりやすく、丁寧にご対応することをお約束いたします。

税理士事務所レクサーでは報酬規程を整備しております。当事務所にご依頼頂く際の料金については WEB サイト上にも公開しておりますが、お客様に安心してご依頼頂くために、相続相談時に費用の説明及び見積書のお渡しをしております。
事前にご説明していない報酬については一切ご請求しないことをお約束いたします。

わたしたち税理士には守秘義務があります。お客様の個人情報を許可なく第三者に提供することはありません。これはご契約をいただいた依頼者様のみでなく、無料相談にお越しいただいたお客様や電話相談のお客様についても同様ですので、安心して相続の相談をしていただければ幸いです。

専任の担当制

相続税申告については相続専門の税理士が初回面談から相続税申告完了まで直接担当させていただいております。
知識と経験が豊富な税理士が直接担当することで「細かな論点のケア」や「問題解決への道筋」を明確に示しながら、案件を進めることが可能となります。

税務調査対策

相続税申告に際しては、原則として書面添付制度を利用させて頂いております。
書面添付制度を利用するための追加料金は一切かかりません。
税務調査に入られない相続税申告書をすべてのお客様に提供し、安心して相続手続きを完了して頂けるように努めます。

相続税の土地評価は 10 人の税理士がいれば 10 通りの評価額になると言われるほど複雑で専門性の高いものです。レクサーでは土地評価に非常に力を入れており、また、自信を持っています。土地評価減額により相続税を最小化するために、相続税申告に際しては必ず現地調査を実施することをお約束いたします。

相続に関する問い合わせや相続相談をしたからといって、契約の強要や無理な営業は一切行わないことをお約束いたします。お客様の目の前にいる税理士自身、そして、目には見えない知識や経験が商品ですので、無理な営業をしなくても我々にご依頼頂けると確信しております。なぜなら、わたしたちは『相続のプロフェッショナル』ですから。

相続のことお困りではありませんか?

相続のことなら名古屋の相続専門家集団へ!

税理士事務所レクサー代表税理士伊東秀明が腕組みする写真

相続が発生した方へ

相続税のことで悩んでしまう前にまずご連絡を

残念ながら相続手続きのことを一から教えてくれる専門家はごく少数です。

名古屋の相続税専門税理士事務所レクサーでは相続が既に発生している方のために初回1時間無料相談を実施しております。様々な相続手続きの中でも相続税申告は相続から 10 か月以内に行う必要があり、さらに現金一括払いが原則的なルールとなっています。

「円滑な相続手続きをするために」「相続税を最小限に抑えるために」
まずは初回無料相談でこれからやるべきこと、注意点などをご説明させていただきます。

相続税のことで悩んでしまう前にまずは名古屋の相続税専門家集団
レクサーにご相談下さい。

将来の相続に備えたい方へ

将来の相続に備えたい方へアイコン

将来の相続にどう備えるのか、適切な方法は人それぞれの家族構成、財産内容によって異なります。

主な生前対策というと相続税節税対策、遺産相続争い対策、認知症対策の3種類ですが、何をどの順番で行うのかによって効果に違いが出てきますし、やり方を間違えてしまっては費用だけがかかってなんの効果もなかったということもあり得ます。

適切なタイミングで適切な対策を実行することが生前対策では最重要です。

まずは何が問題になるのかを正しく把握することから始めましょう。

あなたの相続対策を名古屋の相続税専門家集団レクサーがサポート致します。

5年以内に
相続税を収めた方へ

5年以内に相続税を収めた方へアイコン

税務署に一度納めてしまった相続税でも、相続税の申告期限から 5年以内であれば「更正の請求(こうせいのせいきゅう)」という法律上の手続きを行うことで支払いすぎた相続税を取り返すことができます。

「相続税が高かった」「相続した財産に土地がある」という方は相続税を多く支払いすぎているかもしれません。

名古屋の相続税・土地評価に強い税理士事務所レクサーでは日本全国の方から相続税還付の無料査定を受け付けております。 完全成功報酬制ですので、相続税を取り戻せなかった場合には1円たりとも報酬や交通費等の費用は発生しませんのでまずは無料査定してみましょう!

税理士事務所レクサーでは

専門性の高い知識をお客様の状況に応じた
最良の形で提供することをお約束いたします。
ご納得いただけない報酬については一切お支払い頂かなくても結構です。
それには相続税専門の税理士事務所としてのプライドと自信があるからです。

まずはお気軽にご相談下さい。

相続のご相談は名古屋本社・安城支店どちらでも可能です。

名古屋本社

株式会社レクサー(相続手続きのレクサー)

税理士事務所レクサー

行政書士事務所レクサー

相続不動産レクサー

〒450-0002
名古屋市中村区名駅3-21-4 名銀駅前ビル4F
TEL 052-890-3636
地下鉄東山線・桜通線・JR・名鉄・近鉄・あおなみ線「名古屋駅」ユニモールU14 出口より 徒歩1分
地下鉄桜通線「国際センター駅」1番出口より 徒歩1分
管理責任者:伊東秀明
名古屋税理士会 登録番号136596
愛知県行政書士会 登録番号20190576
宅地建物取引士 登録番号062703

安城支店

株式会社レクサー(相続手続きのレクサー)

 

 

 

〒446-0039
安城市花ノ木町11-14 2F
TEL 0566-78-3360
JR「安城駅」
名鉄「南安城駅」
駐車場3台完備(オフィス前)
管理責任者:西村香
ファイナンシャルプランナー
宅地建物取引士

レクサーグループなら相続税申告、名義変更、贈与、遺言書などすべての相続にワンストップで対応

相続相談予約
お気軽にご相談下さい!

電話アイコン
0120-79-3636
平日 9:00 ~ 20:00 土日祝 9:00 ~ 17:00
電話アイコン
平日 9:00 ~ 20:00 土日祝 9:00 ~ 17:00
電話アイコン
0120-79-3636
メールアイコン
メールでお問合わせ
0120-79-3636