お墓や仏具、納骨堂などの祭祀財産にかかる相続税と節税方法 | 相続知恵袋
平日夜間・土日祝日も相談可能!
平日夜間・土日祝日も相談可能!
電話アイコン

お電話

メニュー

お墓や仏具、納骨堂などの祭祀財産にかかる相続税と節税方法

最終更新日:

相続について考える上では、相続税や相続争い以外にもお墓をどうするのかについても心配ではないでしょうか。

お墓や仏具、納骨堂、墓石などの祭祀(さいし)財産をすでにお持ちの方は悩まれることも少ないかと思いますが、これらの祭祀財産をお持ちでない方は「何を準備するのがいいのか」「どこで準備するのがいいのか」疑問に思われたことがないでしょうか。

相続が発生すると限られた時間の中で様々な相続手続きに奔走することを強いられ、大変な相続手続きのなかでお墓や仏具、納骨堂まで選ぶことは大きな負担となることでしょう。

祭祀財産については相続税が非課税とされていますので、生前に準備しておくことでのこされる遺族の方々の負担を減らすことに加えて、相続税の節税も可能となります。

どこかのタイミングで購入するものが祭祀財産ですので、今のうちに正しい税金知識をもとに生前に準備しておくことを検討してみてはいかがでしょう。

お墓や仏具、納骨堂、墓石などの祭祀財産に関する相続税の取扱いついて正しく理解し、相続税や相続手続きの負担が少しでも軽減できるようなアドバイスをしていきます。

祭祀(さいし)財産は相続税がかからない

祭祀(さいし)財産とは祖先を祀るための財産のことで、代表的なものには仏壇、位牌、墓所、墓石などがあります。

通常、相続人は被相続人(亡くなった方)の所有していたすべての財産と債務(借金などのマイナスの財産)を承継することになりますが、民法897条で祭祀財産については祭祀主宰者が承継することとされています。

根拠法令(民法第996条)

相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

根拠法令(民法第997条)

系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。

つまり、民法上、祭祀財産については一般の相続財産とは区別され、相続分や遺留分の算定対象から外されることとされています。

また、祭祀財産については日常的に礼拝尊崇されているものであり、公益性、社会政策的見地、人間感情または国民感情を考慮して相続税が非課税とされています。

相続税は被相続人(亡くなった方)が所有していたすべての財産にかかる税金ですが、一部の財産については非課税とされています。

根拠法令(相続税法第12条第1項第2号)

次に掲げる財産の価額は、相続税の課税価格に算入しない。

二 墓所、霊びよう及び祭具並びにこれらに準ずるもの

では、相続税が非課税とされる墓所、霊びょうとは具体的にどのようなものでしょうか。

まとめてみましたので下記の表をご覧ください。

相続税が非課税となる墓所、霊びょうの具体例

墓地

墓石

墓碑

墓標

御霊屋(おたまや)※先祖の霊などを祭っておく建物のことです。

埋棺

また、上記の墓所、霊びょうのほかに日常崇拝に使用している祭具についても相続税が非課税となります。

具体例はこちらです。

相続税が非課税となる祭具の具体例

庭内神し※屋敷内にある神の社や祠のこと。

神たな

神体※不動尊、地蔵尊、道祖神、庚申塔、稲荷などのこと。

神具

仏壇

位牌

仏像

仏具

古墳等

ただし、祭具については日常崇拝の用具として使用されていることが相続税が非課税とされる条件ですので、日常礼拝に使用されていない趣味、観賞用または商品等として投資の対象として所有しているものについては非課税とされませんので注意が必要です。

数年前に流行した「金のおりん」なんかが特にこれに該当し、実際に日常崇拝の用具として使用していれば非課税なのですが、高価なおりんなのでといって大事に保管していると相続税が課税されることになります。

金のおりんは節税対策になるのか?>>

死亡後にお墓を購入した場合の相続税の計算方法

相続税は被相続人が所有していたプラスの財産からマイナスの財産を控除した金額からさらに基礎控除額(3000万円+600万円×法定相続人の数)を控除した金額にかかる税金です。

プラスの財産とマイナスの財産の具体例はこちらです。

プラスの財産 マイナスの財産
現金・預貯金

株式・投資信託

土地・建物

貴金属・書画骨董品

生命保険金・死亡退職金

※それぞれ500万円×法定相続人の数の非課税枠あり

借入金

未払公租公課

未払医療費

葬儀費用・火葬代

お布施

 

ここで気になるのが葬式費用の範囲ですが、相続税法基本通達では相続税の計算上、債務控除としてマイナスできる葬式費用について下記のように規定しています。

根拠法令(相続税法基本通達13-4)

法第13条第1項の規定により葬式費用として控除する金額は、次に掲げる金額の範囲内のものとする。

(1) 葬式若しくは葬送に際し、又はこれらの前において、埋葬、火葬、納骨又は遺がい若しくは遺骨の回送その他に要した費用(仮葬式と本葬式とを行うものにあっては、その両者の費用)

(2) 葬式に際し、施与した金品で、被相続人の職業、財産その他の事情に照らして相当程度と認められるものに要した費用

(3) (1)又は(2)に掲げるもののほか、葬式の前後に生じた出費で通常葬式に伴うものと認められるもの

(4) 死体の捜索又は死体若しくは遺骨の運搬に要した費用

日本で一般的に行われている葬式は仏式、神式、キリスト教式で、宗教ごとの様式の違いだけでなく、身内だけで行うか地域共同体の協力で行うかなど地域や家庭ごとにその様式が異なります。

そのため、相続税の計算上マイナスできる葬式費用の範囲は上記の相続税法基本通達13-4を参考にしつつ、記載のない項目については宗教や地域的慣習などをもとに個別的に判断する必要があります。

ここまでは相続税の計算上マイナスできる葬式費用について具体的に解説してきましたが、逆に葬式費用としてマイナスできないものについても規定されています。

具体的にはこちらです。

根拠法令(相続税法基本通達13-5)

次に掲げるような費用は、葬式費用として取り扱わないものとする。

(1) 香典返戻費用

(2) 墓碑及び墓地の買入費並びに墓地の借入料

(3) 法会に要する費用

(4) 医学上又は裁判上の特別の処置に要した費用

1)の香典返礼費用が葬式費用としてマイナスできない理由ですが、葬式に際して会葬者から香典を受け取ることが一般的ですが、この香典については社会通念上相当の金額であれば相続税や贈与税が課税されないこととされています。これに対応して、香典返礼費用はマイナスできないこととなっています。

(2)の墓碑及び墓地の買入費並びに墓地の借入料については墓碑や墓地が相続税の非課税財産とされていることに対応して葬式費用には含まれないこととなっています。そのため、相続後に支払った墓碑や墓地の購入費用は相続税の計算上マイナスできないことになります。

また、注意したいのが墓碑や墓地を生前に購入していたが、代金が未払いだった場合や分割払い、霊園ローンのような借入金で購入していた場合です。

このような場合には購入した墓碑や墓地自体は相続税の非課税財産となりますが、これらの購入に関する未払金や借入金については相続税の債務控除の対象となりませんので注意が必要です。

葬式費用はどこまでマイナスできるのか?>>

お墓は生前に購入すると相続税の節税になる

以上のようにお墓や仏具、納骨堂、墓石などの祭祀(さいし)財産は相続税が非課税とされています。

そのため、生前にこれらの祭祀財産を購入しておいた方が相続後の遺族の手間を軽減することができ、さらには相続税を安くすることが可能となります。

では、実際に生前にお墓を購入しておくのと、相続後にお墓を購入するのとではどのくらい相続税が異なるのでしょうか。

被相続人の財産は2億円で相続人は子供2名、墓地と墓石の購入代金が合計300万円の場合で検証してみました。

項目 相続後にお墓を購入 生前にお墓を購入
相続税の対象となる財産 2億円 1億9700万円
相続税 3340万円 3250万円
差額(節税効果) 90万円

このように生前にお墓や仏具、納骨堂、墓石などの祭祀(さいし)財産を購入しておくと相続税の節税が可能となります。

もちろん、具体的にいくら節税できるのかは財産額や祭祀財産の購入額によって異なってきます。

お墓や納骨堂は生前購入が圧倒的にお得!!>>

まとめ

生前にお墓や仏具、納骨堂、墓石などの祭祀(さいし)財産を準備すると税金が安くなることがおわかりいただけましたか?

「生前にお墓を買うなんて気が進まない」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、自分や家族が亡くなる前に準備する生前墓は「寿陵」といわれ長生きや子孫繁栄といった縁起のいいおこないとされています。

縁起のいいおこないをしながら家族の負担を減らし、相続税の節税も可能になりますので、是非生前から準備することを検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、投資目的の祭具購入は非課税の対象となりませんのでくれぐれもご注意を!

【この記事の執筆者】

愛知県名古屋市を拠点に活動する相続専門家集団レクサーの代表税理士。
20歳の頃、実家が相続税で失敗したことをきっかけに相続税専門の税理士を目指し、26歳で開業。

代表税理士 伊東秀明の写真

伊東 秀明

デデ税理士の相続大学校>>

相続の解説動画をYouTubeで配信中!!チャンネル登録も宜しくお願い致します!

相続税申告や節税対策・遺言書のことなどお気軽にご相談ください!

相続税申告について見る>>

税理士からの外注も募集中>>

レクサーの企業概要>>

税理士事務所レクサー
7つのお約束事

税理士や弁護士、司法書士は「敷居が高い」「怖そう」「上から目線」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、税理士事務所レクサーは『お客様が気軽に相談できる相続の専門家』として、顧客目線を第一に考えております。
わかりやすく、丁寧にご対応することをお約束いたします。

税理士事務所レクサーでは報酬規程を整備しております。当事務所にご依頼頂く際の料金については WEB サイト上にも公開しておりますが、お客様に安心してご依頼頂くために、相続相談時に費用の説明及び見積書のお渡しをしております。
事前にご説明していない報酬については一切ご請求しないことをお約束いたします。

わたしたち税理士には守秘義務があります。お客様の個人情報を許可なく第三者に提供することはありません。これはご契約をいただいた依頼者様のみでなく、無料相談にお越しいただいたお客様や電話相談のお客様についても同様ですので、安心して相続の相談をしていただければ幸いです。

専任の担当制

相続税申告については相続専門の税理士が初回面談から相続税申告完了まで直接担当させていただいております。
知識と経験が豊富な税理士が直接担当することで「細かな論点のケア」や「問題解決への道筋」を明確に示しながら、案件を進めることが可能となります。

税務調査対策

相続税申告に際しては、原則として書面添付制度を利用させて頂いております。
書面添付制度を利用するための追加料金は一切かかりません。
税務調査に入られない相続税申告書をすべてのお客様に提供し、安心して相続手続きを完了して頂けるように努めます。

相続税の土地評価は 10 人の税理士がいれば 10 通りの評価額になると言われるほど複雑で専門性の高いものです。レクサーでは土地評価に非常に力を入れており、また、自信を持っています。土地評価減額により相続税を最小化するために、相続税申告に際しては必ず現地調査を実施することをお約束いたします。

相続に関する問い合わせや相続相談をしたからといって、契約の強要や無理な営業は一切行わないことをお約束いたします。お客様の目の前にいる税理士自身、そして、目には見えない知識や経験が商品ですので、無理な営業をしなくても我々にご依頼頂けると確信しております。なぜなら、わたしたちは『相続のプロフェッショナル』ですから。

相続のことお困りではありませんか?

相続のことなら名古屋の相続専門家集団へ!

税理士事務所レクサー代表税理士伊東秀明が腕組みする写真

相続が発生した方へ

相続税のことで悩んでしまう前にまずご連絡を

残念ながら相続手続きのことを一から教えてくれる専門家はごく少数です。

名古屋の相続税専門税理士事務所レクサーでは相続が既に発生している方のために初回1時間無料相談を実施しております。様々な相続手続きの中でも相続税申告は相続から 10 か月以内に行う必要があり、さらに現金一括払いが原則的なルールとなっています。

「円滑な相続手続きをするために」「相続税を最小限に抑えるために」
まずは初回無料相談でこれからやるべきこと、注意点などをご説明させていただきます。

相続税のことで悩んでしまう前にまずは名古屋の相続税専門家集団
レクサーにご相談下さい。

将来の相続に備えたい方へ

将来の相続に備えたい方へアイコン

将来の相続にどう備えるのか、適切な方法は人それぞれの家族構成、財産内容によって異なります。

主な生前対策というと相続税節税対策、遺産相続争い対策、認知症対策の3種類ですが、何をどの順番で行うのかによって効果に違いが出てきますし、やり方を間違えてしまっては費用だけがかかってなんの効果もなかったということもあり得ます。

適切なタイミングで適切な対策を実行することが生前対策では最重要です。

まずは何が問題になるのかを正しく把握することから始めましょう。

あなたの相続対策を名古屋の相続税専門家集団レクサーがサポート致します。

5年以内に
相続税を収めた方へ

5年以内に相続税を収めた方へアイコン

税務署に一度納めてしまった相続税でも、相続税の申告期限から 5年以内であれば「更正の請求(こうせいのせいきゅう)」という法律上の手続きを行うことで支払いすぎた相続税を取り返すことができます。

「相続税が高かった」「相続した財産に土地がある」という方は相続税を多く支払いすぎているかもしれません。

名古屋の相続税・土地評価に強い税理士事務所レクサーでは日本全国の方から相続税還付の無料査定を受け付けております。 完全成功報酬制ですので、相続税を取り戻せなかった場合には1円たりとも報酬や交通費等の費用は発生しませんのでまずは無料査定してみましょう!

税理士事務所レクサーでは

専門性の高い知識をお客様の状況に応じた
最良の形で提供することをお約束いたします。
ご納得いただけない報酬については一切お支払い頂かなくても結構です。
それには相続税専門の税理士事務所としてのプライドと自信があるからです。

まずはお気軽にご相談下さい。

相続個別相談会を実施しておりますので、お気軽にご連絡ください

事務所外観

税理士事務所レクサー

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-21-4
名銀駅前ビル4F
地下鉄東山線・桜通線・JR・名鉄・近鉄・あおなみ線「名古屋駅」ユニモールU14 出口より 徒歩1分
地下鉄桜通線「国際センター駅」1番出口より 徒歩1分
TEL 052-890-3636

> Google mapで見る

相続相談予約
お気軽にご相談下さい!

電話アイコン
0120-79-3636
平日 9:00 ~ 20:00 土日祝 9:00 ~ 17:00
電話アイコン
平日 9:00 ~ 20:00 土日祝 9:00 ~ 17:00
電話アイコン
0120-79-3636
メールアイコン
メールでお問合わせ
0120-79-3636