111万円贈与はやめなさい!もっとも効果的な贈与とは | 相続知恵袋
平日 9:00 ~ 20:00 土日祝 9:00 ~ 17:00
平日夜間・土日祝日も相談可能!
電話アイコン

お電話

メニュー

111万円贈与はやめなさい!もっとも効果的な贈与とは

最終更新日:

☆この記事の最後の方に節税対策記事へのリンクがあります!

111万円贈与はやめなさい!もっとも効果的な贈与とは

【この記事の執筆者】

愛知県名古屋市を拠点に活動する相続専門家集団レクサーの代表税理士。
20歳の頃、実家が相続税で失敗したことをきっかけに相続税専門の税理士を目指し、26歳で開業。

代表税理士 伊東秀明の写真

伊東 秀明

「なぜ111万円の贈与をしているんですか?」

そう質問をするとだいたいこんな答えが返ってきます。

「相続税の節税対策のため」

たしかに111万円の贈与をすれば相続税の節税にはなりますが、もっと相続税を安くする贈与方法があります。

「千円の贈与税を払っておけば贈与の事実が残せるから!」

逆に税務調査でつつかれている方もいらっしゃいます。本来は贈与申告以外の方法で贈与の証拠を残す必要があります。

111万円贈与はやめなさい!

正しい生前贈与の方法ともっとも効果的な贈与について相続専門家集団レクサーの伊東秀明が解説します!!

その111万円贈与、税務調査の餌食かも?!

1年間で110万円までは贈与税が非課税

という話はこの記事を読んでいるほとんどの方がご存知かと思います。

 

そして、世の中でかなり多くの方が行っているのがこの111万円贈与で、わざと非課税になる110万円を飛び越して贈与することで贈与税の申告と1000円の贈与税を支払うという方法です。

やり方さえ間違えなければ111万円贈与をすることで多少の相続税が節税できることは確かなことですが、やり方を間違えて税務調査の餌食になるケースもあります。

 

「税理士が111万円を贈与して1000円の贈与税を支払っておけば大丈夫と言った」

確かに、そうおっしゃる税理士もいますね。

 

しかしながら、それは100%大丈夫ってことではないんです。

実際に私が立ち会った税務調査でも問題になったことがありますし...。

 

では、どんなケースで111万円贈与が否認されるのか?

 

<勝手に贈与しているケース>

将来の相続税が気になり始めたお父ちゃん。

相続税対策について調べてみたらどうやら110万円までは贈与税がかからないらしいと知ったが、ネットの情報によるとわざと1万円オーバーさせて111万円の贈与をして1000円の贈与税を払っておけば大丈夫と書いてあった。

 

「よし、子供と孫の通帳に毎年111万円贈与して節税対策だ!」

でも、ちょっと待てよ!!

「贈与のお金を頼りにするのも良くないから贈与のことは秘密にしておこう。」

 

何がダメかって!?

 

贈与というのは契約行為なんです。

 

簡単に言うと

「あげます!もらいます!」

という合意が必要ということです。

このケースだと子供と孫は111万円の贈与を受けていると知りませんので、贈与として認定してくれないんです。

 

<お金の管理を贈与者がしているケース>

あげます!もらいます!の合意があればいいんでしょ!?

だったらこうしよう!

 

「111万円の贈与をすることは伝えておこう!」

でも、そのお金を頼りにするのも良くないから

「通帳は私が管理しておこう!」

 

これもダメです!!

 

なぜか?

それは、通帳の管理者が贈与者のままだからです。

 

贈与というのはお金をもらうという経済的な利益を受けることなんです。

お金をもらう人が自由にそのお金を使える状態にないと経済的な利益を受けたことにはならないんです。

 

税務調査で否認される贈与のやり方

 

こうした二つのケースの税務署の否認方法は明確です。

「お父ちゃんが管理してたこの通帳は名義預金だー!!」

ということで、税務調査の餌食となり追徴課税プラス罰金です。

 

でも、博識な方はこう考えるかも。

 

「ケース①はそもそも贈与契約が成立していないし、経済的利益も移転していないから否認されても仕方ないよね!でも、ケース②は贈与契約が成立してそうだし問題ないでしょ!?」って。

 

この考え方、実はめちゃくちゃ良いところをついてるんです。

でもダメです。

 

たしかに、贈与契約は「あげます!もらいます!」で成立します。しかも、贈与契約は口頭での意思確認で成立するんです。

 

ただし、税務署の言い分はこうです。

 

「預金の管理者が預金の名義人と違うのならば経済的な利益が移転しているか疑惑があります。事情を総合的に判断しますので贈与の証拠を見せてください!」

 

「口頭で意思確認したって!??????」

 

「そんなの後からなんとでもいえるじゃないか!親族間なんだから契約書を作って証拠を残さなきゃ認めてあげないよ!」

と、こういった具合です。

 

さらに、こういったケースでよくあるのがお父ちゃんが子供や孫の贈与税の申告書を作成・提出してしまっているケースです。

 

気持ちはよくわかるんです。

 

子供や孫に面倒なことをさせたくないという親心。

 

でもその親心が税務署に否認されるリスクを高めてしまいます。

なぜかというと、提出された申告書には筆跡が残るからです。筆跡を見れば一目瞭然で誰が申告書を記載したのかがわかります。印鑑を押す箇所もあります。

誰が使っている印鑑なのか後日、調査されてしまいます。(※相続税の税務調査ではほとんどのケースで印鑑の印影確認と主な使用者、保管者の聞き取りが行われます。)

 

こういったちょっとしたことから

「子供や孫は贈与を受けていることを知っているのか?贈与契約は成立しているのか?」

と疑われることになるんです。そして、税務調査へと発展していきます。

 

税務調査に入られる確率は意外と高い!

毎年、国税庁が発表しているデータでこんなものがあります。

「○○事務年度における相続税の調査の状況について」

これによると令和元事務年度に行われた税務調査の件数はなんと10,635件もあるんです!

さらに税務調査は実地調査だけでなく「簡易な接触」という電話や来所依頼による税務調査手法もあり、これが8,632件です。

 

つまり、令和元事務年度の相続税の税務調査は合計19,267件です!

 

これを割合にすると相続税申告した方のうち約16%です。つまり相続税申告をした方の6人に1人が税務調査の対象ということになります。

しかも、実地調査による税務調査に入られた方のうち85.3%の方が追徴課税をされているんです。

 

驚くような高確率ですよね。しかも、この話にはまだ続きがあり、申告漏れ財産の33.1%が預貯金に関する指摘なんです。

その証拠諸資料がコチラ。

「令和元事務年度における相続税の調査の状況について」

 

これが何を意味するのかというと、税務署はかなり高い確率で税務調査に赴き、税務調査の現場では預貯金を重点的にチェックするということです。

税務署にとって預貯金は「叩けばホコリが出る」ポイントなんです。

だからこそ、同じ節税するならもっと間違いのない方法でやるべきなんです!

 

税務署に否認されない贈与の進め方

巷で間違いのない方法としてよく紹介されるのが「111万円を現金ではなく、通帳から通帳に贈与する」という方法です。ここまで、この記事を読んで頂いた方はこれだけでは危険ということはなんとなく理解して頂けてると思います。

 

そこで、スパイスを加えてやります。

 

それが、「贈与契約書」です。

 

生前贈与が問題とされるのはほとんどのケースで実際に相続が発生した後です。相続が発生した後に贈与の証拠を集めようとしても不可能ですので、前もって証拠づくりをしておきます。

そして忘れてはならないのが贈与するお父ちゃんの通帳から贈与を受ける子や孫が管理している通帳に入金すること。現金での受け渡しは記録が残らないので危険です。

生前贈与の正しいやり方

ポイント整理

① 毎回「贈与契約書」を作る

② お金の移動は通帳から通帳へ

③ 110万円以上の贈与をするなら本人で申告・納税

 

正直なところ①と②の条件をクリアしておけば、あえて1万円オーバーさせて111万円の贈与をして千円の贈与税を支払う必要なんてありません。強いて絶対に大丈夫を追求するならば顧問税理士に契約書の作成に立ち会ってもらうことです。(税理士には業務処理簿というお客様とのやり取りの記録を残す義務があるのでダブルで贈与の証拠を残すことができます。)

 

ちなみに、認知症などの意思判断能力がなくなった後の贈与は控えてください。

理由は二つあります。

① 税務調査で否認されるから

② 遺産分割で他の相続人ともめるから

 

まず①の方ですが、贈与はあくまでも契約行為です。認知症のように意思判断能力がない場合には契約行為、簡単に言うと「あげます!」という行為ができません。

正直、親族内のことなので名前だけ書いてもらって、お金の移動をさせることは簡単ですが大体税務調査でバレます。税務調査でよく聞かれるポイントの一つなのですが、「亡くなった方はいつから病院や施設に入っていたのか」「いつまで自分で通帳などの財産を管理していたのか」「意思能力が低下してきたのはいつ頃からか」といったことを質問されるからです。

 

続いて②の方ですが、他の相続人の方が「思っていたより預金が少ない!」と思って預金を調べてみたら「認知症の症状が出始めた後なのに多額のお金が引き出されている!おかしいじゃないか!!」といって、遺産相続争いのキッカケになる恐れがあります。

 

節税対策を続けたい方は認知症になる前に将来を見据えた対策を行っておいた方が良さそうです。

(将来の認知症対策についてはコチラの記事をご覧ください。)

111万円贈与よりいい方法はこちら

110万円贈与や310万円や510万円などのより高額な贈与。

 

110万円贈与。ここまでこの記事を読んで頂いた方にはもはや説明不要です。

あえて111万円贈与にしなくても私が伝えたことをしっかりとやっていればわざわざ贈与税申告したり、千円の贈与税を支払ったりしなくても問題ありません。

 

では、なぜ310万円などのもっと高額な贈与がいい方法なのか?

 

贈与税を支払わないといけないじゃないかと!

 

そこなんです!

 

実は贈与税の方が相続税より安いことがあるんです!!

 

論より証拠です。実証してみます。

 

例えば財産1億円のお父ちゃん。相続人は子供2人です。

このときの相続税は770万円です。

 

仮に110万円贈与を子供2人に5回行ったら贈与税はかかりません。110万円×2人×5回=1,100万円の贈与を行っているのでお父ちゃんの財産は8,900万円まで圧縮できます。このときの相続税は605万円。

165万円の相続税節税ができたことになります。ここまでは良いですよね。

 

次に310万円贈与を子供2人に5回行うと1人につき1回20万円の贈与税がかかる。それが5回で2人なので合計200万円です。だけど310万円×2人×5回=3,100万円の贈与を行っているのでお父ちゃんの財産は6,900万円まで圧縮でき、相続税は305万円になる。贈与税と相続税のトータルは505万円です。

ほら、税金の実質的な負担が一番軽くなりました。110万円贈与よりさらに100万円の節税に成功です。

 

相続税より贈与税の方が安い

 

わかりましたか?

もし分かりづらかった方はコチラの記事を読んでみて下さい!

財産がいくらなのか、相続人は何人なのかによって異なりますが、110万円の贈与よりもたくさん贈与して贈与税を払った方が圧倒的に節税になる場合が存在するんです!

 

まとめ

ネットに出回っている情報はどれも一般論ばかりで、万人に当てはまるものはごくわずかです。

 

財産背景と家族構成がまったく同じ人がいますか?

 

いないでしょう。

 

相続税の節税対策も万人に最有効なものはないんです。

 

それぞれの状況に応じて最も効果的な方法を選択しましょう。

もちろん、相続税の節税対策は現金贈与だけではありません。もっといろいろな方法があります。ハイリスクだけど圧倒的な節税効果ができる方法もあります。節税対策はリスクと効果のバランスが一番大切だと私は考えています。

無理のない程度にリスクを負って節税するのも一つの決断です。

ただし、ノーリスクで節税しようと思ったら現金贈与のように毎年少しづつコツコツとやっていくしかないでしょう!

 

私でよければ、あなたに最適な節税方法をいつでもプランニングさせて頂きます。

【この記事の執筆者】

愛知県名古屋市を拠点に活動する相続専門家集団レクサーの代表税理士。
20歳の頃、実家が相続税で失敗したことをきっかけに相続税専門の税理士を目指し、26歳で開業。

代表税理士 伊東秀明の写真

伊東 秀明

デデ税理士の相続大学校>>

相続の解説動画をYouTubeで配信中!!チャンネル登録も宜しくお願い致します!

相続税申告や節税対策・遺言書のことなどお気軽にご相談ください!

相続税申告について見る>>

税理士からの外注も募集中>>

レクサーの企業概要>>

税理士事務所レクサー
7つのお約束事

税理士や弁護士、司法書士は「敷居が高い」「怖そう」「上から目線」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、税理士事務所レクサーは『お客様が気軽に相談できる相続の専門家』として、顧客目線を第一に考えております。
わかりやすく、丁寧にご対応することをお約束いたします。

税理士事務所レクサーでは報酬規程を整備しております。当事務所にご依頼頂く際の料金については WEB サイト上にも公開しておりますが、お客様に安心してご依頼頂くために、相続相談時に費用の説明及び見積書のお渡しをしております。
事前にご説明していない報酬については一切ご請求しないことをお約束いたします。

わたしたち税理士には守秘義務があります。お客様の個人情報を許可なく第三者に提供することはありません。これはご契約をいただいた依頼者様のみでなく、無料相談にお越しいただいたお客様や電話相談のお客様についても同様ですので、安心して相続の相談をしていただければ幸いです。

専任の担当制

相続税申告については相続専門の税理士が初回面談から相続税申告完了まで直接担当させていただいております。
知識と経験が豊富な税理士が直接担当することで「細かな論点のケア」や「問題解決への道筋」を明確に示しながら、案件を進めることが可能となります。

税務調査対策

相続税申告に際しては、原則として書面添付制度を利用させて頂いております。
書面添付制度を利用するための追加料金は一切かかりません。
税務調査に入られない相続税申告書をすべてのお客様に提供し、安心して相続手続きを完了して頂けるように努めます。

相続税の土地評価は 10 人の税理士がいれば 10 通りの評価額になると言われるほど複雑で専門性の高いものです。レクサーでは土地評価に非常に力を入れており、また、自信を持っています。土地評価減額により相続税を最小化するために、相続税申告に際しては必ず現地調査を実施することをお約束いたします。

相続に関する問い合わせや相続相談をしたからといって、契約の強要や無理な営業は一切行わないことをお約束いたします。お客様の目の前にいる税理士自身、そして、目には見えない知識や経験が商品ですので、無理な営業をしなくても我々にご依頼頂けると確信しております。なぜなら、わたしたちは『相続のプロフェッショナル』ですから。

相続のことお困りではありませんか?

相続のことなら名古屋の相続専門家集団へ!

税理士事務所レクサー代表税理士伊東秀明が腕組みする写真

相続が発生した方へ

相続税のことで悩んでしまう前にまずご連絡を

残念ながら相続手続きのことを一から教えてくれる専門家はごく少数です。

名古屋の相続税専門税理士事務所レクサーでは相続が既に発生している方のために初回1時間無料相談を実施しております。様々な相続手続きの中でも相続税申告は相続から 10 か月以内に行う必要があり、さらに現金一括払いが原則的なルールとなっています。

「円滑な相続手続きをするために」「相続税を最小限に抑えるために」
まずは初回無料相談でこれからやるべきこと、注意点などをご説明させていただきます。

相続税のことで悩んでしまう前にまずは名古屋の相続税専門家集団
レクサーにご相談下さい。

将来の相続に備えたい方へ

将来の相続に備えたい方へアイコン

将来の相続にどう備えるのか、適切な方法は人それぞれの家族構成、財産内容によって異なります。

主な生前対策というと相続税節税対策、遺産相続争い対策、認知症対策の3種類ですが、何をどの順番で行うのかによって効果に違いが出てきますし、やり方を間違えてしまっては費用だけがかかってなんの効果もなかったということもあり得ます。

適切なタイミングで適切な対策を実行することが生前対策では最重要です。

まずは何が問題になるのかを正しく把握することから始めましょう。

あなたの相続対策を名古屋の相続税専門家集団レクサーがサポート致します。

5年以内に
相続税を収めた方へ

5年以内に相続税を収めた方へアイコン

税務署に一度納めてしまった相続税でも、相続税の申告期限から 5年以内であれば「更正の請求(こうせいのせいきゅう)」という法律上の手続きを行うことで支払いすぎた相続税を取り返すことができます。

「相続税が高かった」「相続した財産に土地がある」という方は相続税を多く支払いすぎているかもしれません。

名古屋の相続税・土地評価に強い税理士事務所レクサーでは日本全国の方から相続税還付の無料査定を受け付けております。 完全成功報酬制ですので、相続税を取り戻せなかった場合には1円たりとも報酬や交通費等の費用は発生しませんのでまずは無料査定してみましょう!

税理士事務所レクサーでは

専門性の高い知識をお客様の状況に応じた
最良の形で提供することをお約束いたします。
ご納得いただけない報酬については一切お支払い頂かなくても結構です。
それには相続税専門の税理士事務所としてのプライドと自信があるからです。

まずはお気軽にご相談下さい。

相続のご相談は名古屋本社・安城支店どちらでも可能です。

名古屋本社

株式会社レクサー(相続手続きのレクサー)

税理士事務所レクサー

行政書士事務所レクサー

相続不動産レクサー

〒450-0002
名古屋市中村区名駅3-21-4 名銀駅前ビル4F
TEL 052-890-3636
地下鉄東山線・桜通線・JR・名鉄・近鉄・あおなみ線「名古屋駅」ユニモールU14 出口より 徒歩1分
地下鉄桜通線「国際センター駅」1番出口より 徒歩1分
管理責任者:伊東秀明
名古屋税理士会 登録番号136596
愛知県行政書士会 登録番号20190576
宅地建物取引士 登録番号062703

安城支店

株式会社レクサー(相続手続きのレクサー)

 

 

 

〒446-0039
安城市花ノ木町11-14 2F
TEL 0566-78-3360
JR「安城駅」
名鉄「南安城駅」
駐車場3台完備(オフィス前)
管理責任者:西村香
ファイナンシャルプランナー
宅地建物取引士

レクサーグループなら相続税申告、名義変更、贈与、遺言書などすべての相続にワンストップで対応

相続相談予約
お気軽にご相談下さい!

電話アイコン
0120-79-3636
平日 9:00 ~ 20:00 土日祝 9:00 ~ 17:00
電話アイコン
平日 9:00 ~ 20:00 土日祝 9:00 ~ 17:00