相続した遺産を寄付した場合の税金について | 相続知恵袋
平日夜間・土日祝日も相談可能!
平日夜間・土日祝日も相談可能!
電話アイコン

お電話

メニュー

相続した遺産を寄付した場合の税金について

最終更新日:

相続した遺産を寄付した場合の税金について

【この記事の執筆者】

伊東 秀明

代表税理士 伊東秀明の写真

愛知県名古屋市を拠点に活動する相続専門家集団レクサーの代表税理士。
20歳の頃、実家が相続税で失敗したことをきっかけに相続税専門の税理士を目指し、26歳で開業。

代表税理士 伊東秀明の写真

伊東 秀明

「自分が亡くなったとき財産の一部を寄付したい」

「相続した財産を寄付したい」

相続の仕事をしているとこのようなご相談を受けることがあります。

今回は遺産を寄付する方法や寄付したときの税金について解説していきます。寄付の仕方によって税金のかかり方が大きく異なりますので、寄付を検討している方は自分に合った方法がどれなのか確認してみて下さい。

 

遺産を寄付する方法

遺産を寄付する方法は「被相続人が寄付する」「相続人が寄付する」の二つの場面が想定されます。

「被相続人が寄付する」場合には遺言書に寄付したい旨を記載することになります。

遺言書に「100万円を○○学校法人に遺贈(寄付)する。」「土地Xを○○宗教法人に遺贈(寄付)する。」と記載します。そして、遺言書を作成した人が亡くなったときに遺言書の内容に基づいて寄付が実行されることになります。

「相続人が寄付する」場合には取得した遺産の中から自分の意思に基づいて寄付先・寄付するものを選んで行うことになります。

遺言書を使って遺産を寄付する方法についてはこちらの記事をご覧ください↓

被相続人から遺言書で寄付を受けた側にかかる税金

被相続人(亡くなった方)が残した遺言書で財産の寄付を受けた場合、寄付を受けた側は個人か法人かによって税金のかかり方が異なります。

 

【寄付を受けた個人の場合】

被相続人が遺言書に「財産○○を太郎さんに寄付(遺贈)する。」と記載して個人に寄付した場合には原則として寄付を受けた個人(太郎さん)に相続税が課税されます。

この場合、その個人が寄付を受けた金額は相続人が取得した遺産と合算して相続税の計算をすることになります。また、その寄付を受けた個人が支払う相続税は二割加算の対象となることがあります。

ただし、寄付を受けたのが個人であってもその寄付を受けた財産が下記に該当する場合には相続税が課税されないことになります。

「宗教、慈善、学術その他公益を目的とする事業を行う者で政令で定めるものが相続又は遺贈により取得した財産で当該公益を目的とする事業の用に供することが確実なもの」

例えば、寄付を受けた個人が個人事業主として学校やお寺などの公益事業を運営しているような場合が想定されます。

 

【寄付を受けた法人の場合】

被相続人が遺言書に「財産○○を法人Aに寄付(遺贈)する。」と記載して法人に寄付した場合には原則として相続税は非課税とされます。

これは相続税の課税対象が個人に限定されているためです。

ちなみに、寄付を受ける法人は上記で解説した個人が寄付を受ける場合とは異なり、公益事業を運営していることは相続税が非課税となる条件になっておりません。どのような法人形態、運営事業であっても、遺言書によって法人が寄付を受けた場合には相続税は非課税とされます。

ここで注意して頂きたいのはあくまでも相続税が非課税ということです。法人が寄付を受けた場合には原則として法人税が課税されます。ただし、寄付を受けるのが国、地方公共団体、認定NPO法人などの場合には法人税も課税されません。

 

遺言書で寄付をした被相続人の税金

被相続人(亡くなった方)が遺言書で遺産を寄付した場合に、寄付を受けた側の課税関係は上記で解説してきました。では、寄付した側である被相続人の税金について考慮すべきことはあるのでしょうか?

寄付をした被相続人にかかる税金は「寄付先が個人か?法人か?」「寄付した財産の種類」によって取り扱いがことなります。

 

【寄付先が個人の場合】

被相続人が遺言書で財産を寄付した相手が個人である場合には、被相続人に課税される税金は特にありません。

ただし、上記で解説したとおり寄付を受けた個人と相続人が一緒になって相続税申告を行うことは必要です。

 

【寄付先が法人の場合】

被相続人が遺言書で財産を寄付した相手が法人である場合には、寄付した財産の種類によって課税関係が異なります。

具体的には遺言書によって法人に寄付した財産が現金や金銭債権の場合には、被相続人に課税される税金は特にありません。

土地や建物といった不動産、株式等を寄付した場合には時価で譲渡したとみなされて含み益に対して所得税が課税されますので、被相続人の譲渡所得として準確定申告を行うことが必要となります。ちなみに、これを「みなし譲渡課税」といいます。

ただし、国や地方公共団体、公益法人等に対する寄付については一定の条件を満たすことでみなし譲渡課税が非課税とされます。

 

相続人から寄付を受けた側にかかる税金

相続人が取得した財産の寄付を受けた場合、寄付を受けた側は個人か法人かによって税金のかかり方が異なります。

 

【寄付を受けた個人の場合】

個人が寄付(贈与)を受けた場合には原則として贈与税が課税されます。

ただし、寄付(贈与)を受けたのが個人であってもその寄付を受けた財産が下記に該当する場合には贈与税が課税されないことになります。

「宗教、慈善、学術その他公益を目的とする事業を行う者で政令で定めるものが贈与により取得した財産で当該公益を目的とする事業の用に供することが確実なもの」

例えば、寄付(贈与)を受けた個人が個人事業主として学校やお寺などの公益事業を運営しているような場合が想定されます。

 

【寄付を受けた法人の場合】

法人が寄付を受けた場合には原則として法人税が課税されます。ただし、寄付を受けるのが国、地方公共団体、認定NPO法人などの場合には法人税も課税されません。

 

寄付をした相続人の税金

寄付をした相続人にかかる税金は「寄付先が個人か?法人か?」「寄付した財産の種類」によって取り扱いがことなります。

 

【寄付先が個人の場合】

相続人が財産を寄付した相手が個人である場合には、相続人に課税される税金は特にありません。

 

【寄付先が法人の場合】

相続人が財産を寄付した相手が法人である場合には、寄付した財産の種類によって課税関係が異なります。

具体的には法人に寄付した財産が現金や金銭債権の場合には、相続人に課税される税金は特にありません。

土地や建物といった不動産、株式等を寄付した場合には時価で譲渡したとみなされて含み益に対して所得税が課税されますので、相続人の譲渡所得として確定申告を行うことが必要となります。ちなみに、これを「みなし譲渡課税」といいます。

ただし、国や地方公共団体、公益法人等に対する寄付については一定の条件を満たすことでみなし譲渡課税が非課税とされます。

 

ここまでの内容を簡単にまとめてみました↓

寄付側 寄付先 寄付側の税金 寄付先の税金
被相続人 個人 なし 相続税(※2)
法人 現金 なし 法人税(※3)
不動産や株式 みなし譲渡(※1)
相続人 個人 なし 贈与税(※2)
法人  現金 なし 法人税(※3)
 不動産や株式 みなし譲渡(※1)
(※1)寄付先が国や地方公共団体、公益法人等の場合には一定条件のもとみなし譲渡課税が非課税となります。
(※2)公益事業の用に供する場合等の一定条件を満たす場合には非課税とされます。
(※3)国、地方公共団体、認定NPO法人などの場合には課税されません。
相続財産を公益法人等に寄付した場合の相続税

ここまでは遺産を寄付した人と寄付を受けた人にどのような税金がかかるのかを解説してきました。

では、寄付された遺産にかかる相続税はどうなるのか?

相続や遺贈によって遺産を国、地方公共団体、公益法人等に寄附した場合には、相続税の計算上その寄附をした財産や支出した金銭が相続税の対象とならない特例があります。

相続財産を寄付した場合の相続税の特例

この特例を適用するための条件は下記のとおりです。

①相続や遺贈によって取得した財産を寄付していること

②相続税の申告期限までに寄付すること

③寄付先が国、地方公共団体、教育や科学の振興などに貢献することが著しいと認められる公益を目的とする事業を行う特定の法人(以下「特定の公益法人」といいます。)又は認定非営利活動法人(認定NPO法人)であること

 

【特例の適用手続】

相続税の申告書にこの特例の適用を受ける旨を記載し、下記書類を添付して相続税申告期限までに相続税申告を行うことが必要です。

①相続税申告書第14表

②寄付先が贈与を受けた旨、年月日、財産の明細、使用目的を記載した書類

③寄付先が一定の法人の場合には地方独立行政法人法第6条第3項に規定する設立団体又は私立学校法第4条に規定する所轄庁の証明書類

 

【特例の適用ができない場合】

①相続税又は贈与税の負担が不当に減少することとなった場合

②寄附を受けた日から2年を経過した日までに特定の公益法人、認定非営利活動法人(認定NPO法人)に該当しなくなった場合

③寄附を受けた日から2年を経過した日までに特定の公益法人又は認定非営利活動法人(認定NPO法人)がその財産を公益を目的とする事業の用又は特定非営利活動に係る事業の用に使っていない場合

上記のいずれかに該当することとなった場合には、この特例は適用できなくなりますので相続税の修正申告を行うことが必要になります。

 

所得税の寄付金控除

財産を国、地方公共団体、公益法人等に寄付した場合には相続税が非課税になることに加えて、所得税の寄付金控除を受けることも可能です。

なお、政治活動に関する寄附金、認定NPO法人等に対する寄附金及び公益社団法人等に対する寄附金のうち一定のものについては、所得控除に代えて、税額控除を適用することも可能です。

ちなみに土地や建物、株式等を国、地方公共団体等に寄付した場合にはみなし譲渡課税が非課税とされますが、この場合、寄付した財産の取得費が寄付した金額として所得税を計算することになります。

 

まとめ

相続のタイミングで財産の寄付を検討している方は寄付方法や寄付先によって税金のかかり方が異なりますので、事前に課税関係を把握しておくことをお勧めします。

また、寄付したい団体がどのような財産の寄付であれば受け入れるのかまで事前に確認しておいた方が良いでしょう。

相続専門家集団レクサーでは相続税専門の税理士がお客様の意向に応じて寄付に関する税務の取り扱いや進め方をご説明しますのでお気軽にご相談下さい。

相続税申告や節税対策・遺言書のことなどお気軽にご相談ください!

YouTube:デデ税理士の税金チャンネル

Twitter:https://twitter.com/@rexer_tax

instagram :https://www.instagram.com/rexer.tax

WEBhttps://www.rexer.jp/

YouTubeのチャンネル登録よろしくお願いします!!

税理士事務所レクサー
7つのお約束事

税理士や弁護士、司法書士は「敷居が高い」「怖そう」「上から目線」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、税理士事務所レクサーは『お客様が気軽に相談できる相続の専門家』として、顧客目線を第一に考えております。
わかりやすく、丁寧にご対応することをお約束いたします。

税理士事務所レクサーでは報酬規程を整備しております。当事務所にご依頼頂く際の料金については WEB サイト上にも公開しておりますが、お客様に安心してご依頼頂くために、相続相談時に費用の説明及び見積書のお渡しをしております。
事前にご説明していない報酬については一切ご請求しないことをお約束いたします。

わたしたち税理士には守秘義務があります。お客様の個人情報を許可なく第三者に提供することはありません。これはご契約をいただいた依頼者様のみでなく、無料相談にお越しいただいたお客様や電話相談のお客様についても同様ですので、安心して相続の相談をしていただければ幸いです。

専任の担当制

相続税申告については相続専門の税理士が初回面談から相続税申告完了まで直接担当させていただいております。
知識と経験が豊富な税理士が直接担当することで「細かな論点のケア」や「問題解決への道筋」を明確に示しながら、案件を進めることが可能となります。

税務調査対策

相続税申告に際しては、原則として書面添付制度を利用させて頂いております。
書面添付制度を利用するための追加料金は一切かかりません。
税務調査に入られない相続税申告書をすべてのお客様に提供し、安心して相続手続きを完了して頂けるように努めます。

相続税の土地評価は 10 人の税理士がいれば 10 通りの評価額になると言われるほど複雑で専門性の高いものです。レクサーでは土地評価に非常に力を入れており、また、自信を持っています。土地評価減額により相続税を最小化するために、相続税申告に際しては必ず現地調査を実施することをお約束いたします。

相続に関する問い合わせや相続相談をしたからといって、契約の強要や無理な営業は一切行わないことをお約束いたします。お客様の目の前にいる税理士自身、そして、目には見えない知識や経験が商品ですので、無理な営業をしなくても我々にご依頼頂けると確信しております。なぜなら、わたしたちは『相続のプロフェッショナル』ですから。

相続のことお困りではありませんか?

相続のことなら名古屋の相続専門家集団へ!

税理士事務所レクサー代表税理士伊東秀明が腕組みする写真

相続が発生した方へ

相続税のことで悩んでしまう前にまずご連絡を

残念ながら相続手続きのことを一から教えてくれる専門家はごく少数です。

名古屋の相続税専門税理士事務所レクサーでは相続が既に発生している方のために初回1時間無料相談を実施しております。様々な相続手続きの中でも相続税申告は相続から 10 か月以内に行う必要があり、さらに現金一括払いが原則的なルールとなっています。

「円滑な相続手続きをするために」「相続税を最小限に抑えるために」
まずは初回無料相談でこれからやるべきこと、注意点などをご説明させていただきます。

相続税のことで悩んでしまう前にまずは名古屋の相続税専門家集団
レクサーにご相談下さい。

将来の相続に備えたい方へ

将来の相続に備えたい方へアイコン

将来の相続にどう備えるのか、適切な方法は人それぞれの家族構成、財産内容によって異なります。

主な生前対策というと相続税節税対策、遺産相続争い対策、認知症対策の3種類ですが、何をどの順番で行うのかによって効果に違いが出てきますし、やり方を間違えてしまっては費用だけがかかってなんの効果もなかったということもあり得ます。

適切なタイミングで適切な対策を実行することが生前対策では最重要です。

まずは何が問題になるのかを正しく把握することから始めましょう。

あなたの相続対策を名古屋の相続税専門家集団レクサーがサポート致します。

5年以内に
相続税を収めた方へ

5年以内に相続税を収めた方へアイコン

税務署に一度納めてしまった相続税でも、相続税の申告期限から 5年以内であれば「更正の請求(こうせいのせいきゅう)」という法律上の手続きを行うことで支払いすぎた相続税を取り返すことができます。

「相続税が高かった」「相続した財産に土地がある」という方は相続税を多く支払いすぎているかもしれません。

名古屋の相続税・土地評価に強い税理士事務所レクサーでは日本全国の方から相続税還付の無料査定を受け付けております。 完全成功報酬制ですので、相続税を取り戻せなかった場合には1円たりとも報酬や交通費等の費用は発生しませんのでまずは無料査定してみましょう!

税理士事務所レクサーでは

専門性の高い知識をお客様の状況に応じた
最良の形で提供することをお約束いたします。
ご納得いただけない報酬については一切お支払い頂かなくても結構です。
それには相続税専門の税理士事務所としてのプライドと自信があるからです。

まずはお気軽にご相談下さい。

相続個別相談会を実施しておりますので、お気軽にご連絡ください

事務所外観

税理士事務所レクサー

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-21-4
名銀駅前ビル4F
地下鉄東山線・桜通線・JR・名鉄・近鉄・あおなみ線「名古屋駅」ユニモールU14 出口より 徒歩1分
地下鉄桜通線「国際センター駅」1番出口より 徒歩1分
TEL 052-890-3636

> Google mapで見る

相続相談予約
お気軽にご相談下さい!

電話アイコン
0120-79-3636
平日 9:00 ~ 20:00 土日祝 9:00 ~ 17:00
電話アイコン
平日 9:00 ~ 20:00 土日祝 9:00 ~ 17:00

まずはご相談ください!

電話アイコン
0120-79-3636
メールアイコン
メールでお問合わせ
0120-79-3636